• 第4分科会「町の工務店が生き残る道」 地域に根差す営業を

    第4分科会「町の工務店が生きる道」は25人が参加しました。ハウスメーカーに仕事が奪われ、町場の工務店の状況は深刻です。「厳しい状況だから、業種は違うけど参加した」という方もいました。

    最初に鎌倉市で工務店を50年経営しているYさんが半径2キロの地図に仕事をした家をマーキングする、瓦版を1万枚地域に配布するなど「地元で仕事をするための心得」をテーマに報告。今は工務店が何をやっているかを知らないお客さんが多いのでどう知らせるか、多様なとりくみを話しました。

    地域に根差した営業の考える教訓的な分科会となりました。

7つのまちがいさがし

民商紹介ムービー

県下民商のホームページ