• 全国の仲間と出会えた!!! 2018全国業者青年交流会 in 北九州

    9月23・24日神商連青年部協議会は福岡県北九州市で開催された第15回全国業者青年交流会に参加しました。全国から416名が参加した今回の業者青年交流会には神奈川からは7民商、県連から14名が参加し、分科会での学習や、夕食会の企画で他県の業者青年と交流しました。

    税務調査対策やSNS、青年部づくりなど、多彩な分科会にそれぞれ参加し、パネルディスカッションでは横浜国立大学名誉教授の三井逸友さんが講演し、三井さんの司会で大分と福岡の業者青年が開業前から開業に至った経緯や、自分の仕事の魅力、青年部への思いなどを発言しました。文化企画では落語家の林家はな平さんが「井戸の茶碗」を披露し、会場内は爆笑の渦に包まれました。

    他県の青年部の取り組みや、業者青年の仕事への情熱に触れ、大変刺激になった二日間となりました。

    参加したみなさんの感想を紹介します。民商でも業者青年の交流の場を作り、青年部をつくりましょう。

    プロ野球選手とのイベントに刺激
    「交流スタイル 青年部づくり・活動」分科会に参加しました。
    広島県青協の「プロ野球選手をゲストとして迎える交流イベント」の話には刺激を受けました。プロ野球選手とのトークショー&サイン会をメインイベントとして、広く参加者を集め、民商会員を中心に飲食店が出店することでより内容の濃い交流会を開催している取り組みは素晴らしい。
    神青協でも挑戦したいと思います。
    (神青協議長 高浦吉史さん IT業)

    トライ&エラーでがんばりたい
    「SNSで集客を変える!」の分科会です。
    参加者が6〜7人のグループに分かれてディスカッションする形式が取られ、商売でどうSNSを活用しているのか、全国のみなさんの生の声を聞くことができました。名刺交換もさせていただきました。
    SNSではすぐに集客につながりませんが、トライ&エラーを重ね地道に継続していくことが大切と再認識しました。
    (横浜緑民商 田尻竜也さん 不動産業)

    PDCAサイクルをきちんと実践
    「従業員教育と人材不足対応」の分科会に参加。
    多くの仲間たちが、新規雇用と従業員の定着・教育に頭を悩ませており、各自どのようなやり方をしているのか?具体例を挙げながら、ディスカッションしました。商売が上手くいっている方々は、いろいろなことをよく考え、行動、反省して、更にまた考える、PDCAサイクルをきちんと実践していることが共通していました。私も実践していきます。
    (横浜南部民商 牧野靖弘さん システム開発業)

    みなさんの熱量に圧倒された
    みなさんの熱量に圧倒されました。全国の実際の活動やアイディアをたくさん聞かせていただき、特に印象深いのが『 とりあえずやりたい事はやってみる!ダメならダメで、いい事は継続する』という意見でした。
    小規模からのスタートだったのに今では1000人ぐらい動員する規模のイベントに成長させたという実績にも心打たれました。
    今まで気づけなかった部分に目を向けられるようになりました。
    (大和民商 四條可奈さん・ネールサロン)

    全国の同じ思いの仲間が心強い
    全国の青年部員の話を聞けてよかったし、神奈川の仲間との交流も深まりました。青年部を盛り上げていけると思います。
    「青年部づくり・活動」の分科会で他県の方がどのような活動をしているか聞くことができて参考になりました。大和に持ち帰り、提案して拡大と財政活動に力を入れたいです。
    商売にまだまだ不安はありますが、全国に同じ思いでガンバっている方がこんなにいると分かり、心強く思います。
    (大和民商 田中ゆかりさん・ネールサロン)

    名刺づくりで自社を見つめる
    「名刺を使った営業、スキルアップ」に参加。
    講師の三反田さんが紹介した名刺は二つ折りになっており、計4面に情報を載せることができ、名刺とチラシの役割を果たすことができるというものでした。参加者どうしで討論し、自社の強みや特徴など、名刺に記載する事項を掘り起こすことができました。名刺づくりは相手を意識することが重要と非常に勉強になりました。
    (横浜南部民商 長岡真也さん 行政書士)

7つのまちがいさがし

民商紹介ムービー

県下民商のホームページ