• 春の運動スタート外へ向かって大きな一歩を!「紹介運動で仲間増やし」大和民商

    一人が一人の紹介運動を大きく展開しようと踏み出している大和民商。新年早々、相次いで3人の新会員を迎えています。

    水道工事業の矢島勇人さん(水道工事46歳)は勤めていた会社の廃業をきっかけに独立。矢島さんや世田谷区でやはり民商会員だった矢島さんの奥さんのお母さんと以前から知り合いだった、綾瀬支部長の宮原さんは、「独立したなら民商だよ」と大和民商を紹介。一緒に民商を訪れ入会しました。矢島さんは今年初めて確定申告します。さっそく1月の記帳学習会に参加し、準備を始めています。

    外壁コーキング工事業の人は会計士に依頼していた申告を自分でやってみる決意をしました。「申告も間近になり心配になった」と民商に連絡があり記帳学習会を見学しました。これなら自分でも大丈夫!と入会しました。

    軽貨物業の人も、「今まで自己流で決算してきたが心配」と横浜緑民商会員の知り合いに相談したところ、「民商に入ったらいいよ」と勧められ入会。

    大和民商では確定申告を控え記帳学習会に新しい顔ぶれが参加し学んでいます。

7つのまちがいさがし

民商紹介ムービー

県下民商のホームページ