• 記帳で集まり情報交換! 待たれている日曜記帳会! 横浜緑民商

    横浜緑民商では、「日曜しかゆっくり時間が取れない」「自宅では他の仕事をしてしまい、記帳やパソコン入力ができない」などの会員の要望から、日曜記帳会を毎月開いています。

    毎月参加の常連さん、2,3ヵ月に1回など、参加スタイルは様々ですが、その日の参加者どうし、雑談や交流もしながら自由に記帳・パソコン入力・伝票書き、領収書整理などをしています。

    6月26日は7人が参加しました。参加者の4人は6月に入り、「そろそろ今年の入力を…」と、会計ソフトの年度更新作業中でした。更新を終えて入力を始めると、「売り上げの請求書って、どうやって仕分けるんだっけ?」「入金があった時は?」「カードで支払った経費の引き落としはどうするのかな?」などと口々に。確定申告から3ヵ月がたち、久しぶりのパソコン入力で、記憶をたどりながら作業する様子が見られました。

    事務所に寄って記帳作業をする人たちからは、「下請けの職人さんは売上1000万円いかない免税業者、課税業者になってインボイス発行してとは言えないし、技術があるから他の業者に切り替えることもできないし…」「負担はどうするの?」「価格に転嫁してもらうしかない。自分ではとても負担しきれない」などのやり取りが聞かれます。他の人たちも、「材料費はみんな値上げ。しかも1回じゃなく段階的に」「油なんて以前の倍近くになっている」「販売価格を上げたけど、やっぱりお客さんが買う量は減っていると思う」「給料は増えないんだから、当然、そうなるよね」と切実なやり取りが。

    横浜緑民商では婦人部が、平日午前中の「記帳カフェ」を続けています。男性の参加もいいですよ、と呼びかけ、自主記帳のかたわらでお互いのくらしや商売の情報交換の場にもなっています。

7つのまちがいさがし

民商紹介ムービー

県下民商のホームページ