• 10%で商売つぶすな!インボイスは廃止を!

    消費税率が10月1日から10%に引き上げられ、同時に複数税率も強行されました。中小業者・国民の暮らしをかえりみず襲いかかる、憲法にも反する10%と複数税率に怒りと不安が広がっています。さらに、2023年10月からはインボイス制度(適格請求書等保存方式)が始まります。「うちは免税業者だけど、この制度が始まったら、どうなるのか・・・」と考え込む津久井岳志さん(茅ヶ崎民商・造園業)を尋ねました。

 
【増税しなくても財源はあるヨ。税金の使い方・取り方変えて増税キッパリ中止!】MOVIE
    • 19.11.13(水)倉敷民商弾圧事件・秋の大集会
    • 19.11.15(金)自治体懇談 開成町、大井町、松田町、山北町
    • 19.11.16(土)県革新懇総会 14:00 大和市桜ケ丘学習センター
    • 19.11.17(日)神婦協総会 10:00〜 神商連会館
    • 19.11.20(水)自治体懇談 中井町、箱根町、真鶴町、湯河原町
    • 19.11.20(水)経営計画づくり学習会
    • 19.11.21(木)自治体懇談 平塚市、大磯町、二宮町
    • 19.11.22(金)自治体懇談 小田原市
    • 19.11.22(金)消費税廃止各界連署名宣伝行動 14:00〜 イセザキ商店街
    • 19.12.12(木)倉敷民商弾圧事件神奈川の会総会
    • 19.12.18(水)消費税廃止神奈川県各界連絡会総会

  • ストップ!10%消費税 横浜駅西口宣伝に怒り寄せられる

    ストップ!ネットかながわ」は、消費税率10%引き上げが強行された10月1日、横浜駅西口高島屋前で消費税増税を告発する宣伝行動を、6団体24人の参加でおこないました。宣伝行動ではシール投票をおこない、増税に反対が70人に対し、賛成はわずか4人でした。シール投票をおこなった若い女性は「写真を撮っていいですか?」と聞いてきて、増税反対が圧倒的多数のシール投票をSNSで拡散していました。

  • 横浜にカジノはいらない

    カジノ誘致反対横浜連絡会は10月3日、「横浜にカジノはいらない・市民集会」を開き、横浜市内の民商からも参加しました。
    「カジノ問題については白紙」と言いながら市長選に当選した林文子横浜市長は突然に横浜へのカジノ誘致を表明しました。同会はこの集会で、カジノの是非を問う住民投票を行うことを確認し、1200人の参加者に受任者登録を呼びかけました。

  • 声かけあって健診を!いのちと健康を守る学習交流会

    神商連は10月20日、第15回いのちと健康を守る学習交流会を神商連会館で開催しました。
    会員の高齢化と売上減少や、消費税と社会保障の負担が重くなる中で、いのちと健康を守る運動をどうすすめるか学び交流しました。
    全体会講演で唐鎌直義さんは、消費税が10%に増税されて、消費税と直接税と社会保険料を合計した実質公租公課負担を世帯の平均年収で除した負担率は高齢夫婦無職世帯(平均年収251万)と年収第]10分位の勤労者世帯(平均年収1418万)を比べると高齢無職世帯の方が大きくなり、税の累進構造が消費税によって破壊されていること。

  • 第16回全国業者婦人決起集会

    9月26日、東京上野で第16回全国業者婦人決起集会が開催され、全国から1200人の仲間が集まりました。
    神奈川はそろいのTシャツを着て87人が参加し、「10%消費税反対」「56条は廃止を」のカードを掲げてアピールしました。

  • 商売・人生を語る「お父さんが残してくれた宝もの」戸塚民商 喜岡 愛子さん

    「肉のヨシオカ」として1984年3月に横浜市戸塚区原宿町で開業しました。2年〜3年は固定客がつかず休みもなく昼間は仕事、夜はアルバイトの生活でした。問屋さんの支払いにも困窮し何度も支部の役員や会員さんに助けられました。
    そんな事もあり「お父さんもうお店を閉めて他に働きのいこうよ」と何度も言いましたが「食べ物商売は食べる事には困らないから続けたほうがいいんだ」とその都度説得させられました。

  • ふいごとそろばん 三浦民商 三堀 広治さん

    商売40年、山あり谷あり、資金繰りが苦しい時も乗り越えて、水道工事業を生業として歩んできました・・・

7つのまちがいさがし

民商紹介ムービー

県下民商のホームページ