• 団結して商売切り開こう!―2020神商連新春のつどい―

    神商連は新年1月5日、「新春のつどい」をかながわ労働プラザで開催し、いち早く春の運動の一歩を踏み出しました。200人が集まり、横浜が誘致を表明しているカジノ問題の学習と、「春の運動」への決意を出し合い、元気に商売できる社会の実現に力を合わせようと思いをひとつにしました。

 
【増税しなくても財源はあるヨ。税金の使い方・取り方変えて増税キッパリ中止!】MOVIE
    • 20.02.12(水)全国中小業者決起大会13:00〜 東京砂防会館
    • 20.02.19(水)国会包囲行動 14:00〜国会議員会館前
    • 20.02.21(金)県消費税廃止各界連宣伝行動 14:00〜伊勢佐木町商店街
    • 20.02.26(水)全中連業界懇談会、名刺交換会
    • 20.02.29(土)3・1ビキニデー 13:00〜グランシップ静岡
    • 20.03.11(水)県大運動国会議員要請行動
    • 20.03.13(金)3・13重税反対全国統一行動

  • 春の運動スタート外へ向かって大きな一歩を!「紹介運動で仲間増やし」大和民商

    一人が一人の紹介運動を大きく展開しようと踏み出している大和民商。新年早々、相次いで3人の新会員を迎えています。
    水道工事業の矢島勇人さん(水道工事46歳)は勤めていた会社の廃業をきっかけに独立。矢島さんや世田谷区でやはり民商会員だった矢島さんの奥さんのお母さんと以前から知り合いだった、綾瀬支部長の宮原さんは、「独立したなら民商だよ」と大和民商を紹介。

  • 春の運動スタート外へ向かって大きな一歩を!「業者の悲鳴が聞こえる」相模原民商

    小田急線の小田急相模原駅北口からまっすぐのびるサウザンロード商店街はバラエティに富む店が軒を連ねています。相模原民商は1月19日、商店街で宣伝行動に取り組みました。商店を一軒ごとに訪問し商売の状況を聞きながら、「5%に戻せ」署名を訴え、商工新聞の見本紙を紹介しました。ある和菓子屋では「消費税は本当に大変です。引き下げより廃止すべき」と切実に話していました。

  • 倉敷民商弾圧事件 不当逮捕から6年―私は無罪―

    2014年、倉敷民商の禰屋町子事務局員が会員の確定申告書を作成し、脱税をほう助したとして逮捕されました。1月19日は相模原で、逮捕からちょうど6年目となる21日には、横浜・川崎・厚木・海老名の4カ所で抗議の宣伝行動が行われました。

  • 横浜にカジノはいらない―住民投票を成功させよう―

    横浜市が表明したカジノ誘致に対し、市民からは反対の声が高まっています。住民投票条例をつくり、「横浜市のことは私たちが決める!」と、「カジノの是非を決める横浜市民の会」が発足し、民商も参加して誘致撤回めざす運動が広がっています。

  • 商売・人生を語る「民商で学んで商売がんばる家族」川崎中原民商 緩鹿 禮子さん

    リフォーム会社に勤めていた夫と、建設会社に勤務していた息子とが独立して、平成7年に有限会社グループ美装を設立しました。
    民商に加入して10年過ぎた頃に、「月に2回、一から記帳の勉強をできる計算会があるから必ず来てください」と言われ、民商へ通うようになりました。この年齢でのパソコン入力は戸惑いもありましたが続けてきました。

  • ふいごとそろばん 相模原民商 下地 勝巳さん

    振り返ればあっという間の民商歴30年近く。沖縄県宮古島で生まれ、高校生まで過ごした後に上京し苦学生生活。20代に一度宮古島に戻り、30歳のころに一念発起で業者となり相模原へ・・・

7つのまちがいさがし

民商紹介ムービー

県下民商のホームページ