【増税しなくても財源はあるヨ。税金の使い方・取り方変えて増税キッパリ中止!】MOVIE

 

※新型コロナ感染拡大の影響で各種行事を中止しています。感染対策を講じながら次の会議は開催します。

    • 20.07.15(水)消費税の減税を求める各界学習懇談会(13:00〜参議院会館B107)
    • 20.07.17(金)カジノ誘致反対最新情勢学習決起集会(18:30〜市従会館)
    • 20.07.22(水)消費税廃止各界連絡会宣伝行動(14:00〜伊勢佐木町商店街)
    • 20.07.23(木)県民連絡会夏季討論集会(13:00〜市従会館)
    • 20.07.26(日)神商連常任理事会10:00〜理事会13:00〜

  • コロナで減収 国保減免みんなで活用「こんな高い国保税払えない」相模原民商

    相模原民商は、「国保税は前年の所得にもとづいて計算されるので、今年の収入が落ち込めば払えなくなりますね。国保税額の決定通所は確認しましたか?」と会員に声をかけ、減免を呼びかけています。「金額を見て愕然!」「どうやって払えばいいのか」と悲鳴が上がっています。

  • 全額免除で胸なでおろし 厚木民商

    今年度の国保料の納付通知が届き始め、「え、今年もこんなにたくさん納めなくてはならないのか」と頭を抱えてしまいます。新型コロナ感染症対策で政府は、3割以上の収入減少となる世帯の国保料を減額・免除する制度を創設したことで、厚木民商では学習しながら申請書を作る集まりを呼びかけ、みんなで活用しようと声かけ合っています。

  • 県感染拡大防止協力金 一刻も早く!と県に要請

    いったい、いつになったら支給されるのか―。5月下旬、2回にわたり神商連は県に対し、協力金の支給実務を改善する緊急要請を行いました。
    仕事の合間を縫って参加した恩田正一さん(横浜東民商・中華屋)は、「売上と年金で何とか食べている。

  • ふいごとそろばん 横浜東民商 萬納昭一郎さん

    人生は半額なりという言葉をご存じでしょうか。私の子どもの頃は、寿命は40歳ぐらいでした。60歳ほどで亡くなると、ずいぶん長生きしたね、と言われたものです。太平洋戦争の最中に、特攻隊に志願して20代で戦死されたので、人生は半額だと自らも周りの人も言っていたのだと思います・・・

7つのまちがいさがし

民商紹介ムービー

県下民商のホームページ