※新型コロナ感染拡大の影響で各種行事を中止しています。感染対策を講じながら次の会議は開催します。

    • 21.11.12(金)県民連対県交渉 女性分野 9:45 開港記念会館6号室
    • 21.11.13(土)県社保協国保改善交流集会 13:30〜 かながわ建設プラザ
    • 21.11.14(日)全商連70周年記念式典集会
    • 21.11.16(火)県民連対県交渉 行財政 9:45 波止場会館4F大会議室
    • 21.11.18(木)県民連対県交渉 産業 9:15 波止場会館1Fホール
    • 21.11.20(土)日本平和大会 オンライン 10:00〜12:15 全体集会 14:00〜16:00 特別集会
      @軍事基地も米軍基地もないアジアは可能か?―非核平和のアジアの展望を考える A大軍拡・基地強化・日米一体化の現状とたたかい
    • 21.11.24(水)消費税廃止各界連宣伝行動 14:00〜 イセザキモール
    • 21.11.26(金)神青協インボイス学習会 19:00〜 神商連会館

  • 給付金への課税どう考える みんなで試算を! 県婦協学習会

    10月2日、県婦協は、この間給付されてきた協力金などへの課税問題について学習・交流しました。コロナ感染の影響で営業の自粛が求められ、苦慮しながら申請してきた協力金は課税の対象で、いったいどうなるのかと、この間話し合ってきました。

  • 商売・人生を語る 横浜緑民商 小江 一望さん

    昭和16年、小江一望さんは、お父さんが海運関係の仕事をしていた満州大連で誕生しました。まもなく太平洋戦争が勃発しても暮らしは平穏でしたが、終戦後、ロシア軍が侵攻すると治安は一気に悪化しました。7歳になる23年、幸いにも家族全員が無事に、両親の故郷である広島県因島に引き揚げます。

  • ふいごとそろばん 小田原民商 松浦 隆雄さん

    私は石材業。お墓や霊園の仕事をしています。消費税が8%から10%になった時、年間の売上が7000万から4000万に激減。お客さんの財布のひもが固くなり、注文を受けても「消費税分を負けてくれ」と言われ、身銭を切っても消費税を払いきれず滞納せざるを得ませんでした・・・

7つのまちがいさがし

民商紹介ムービー

県下民商のホームページ