【増税しなくても財源はあるヨ。税金の使い方・取り方変えて増税キッパリ中止!】MOVIE

 

※新型コロナ感染拡大の影響で各種行事を中止しています。感染対策を講じながら次の会議は開催します。

    • 20.09.17(木)消費税5%への減税と社会保障の充実を求める西湘地域キャラバン宣伝
    • 20.09.18(金)消費税5%に戻せ県議会請願
    • 20.09.24(木)消費税廃止県各界連宣伝行動14:00〜イセザキモール
    • 20.10.01(木)後期高齢者医療費窓口負担2割化反対運動リスタート集会 午後2時 かながわ建設プラザ
    • 20.10.04(日)原子力空母はいらないヨコスカ集会 午後1時 横須賀ベルニー公園

  • 消費税すぐに減税を! 消費税廃止各界連絡会

    神商連も参加する神奈川県消費税廃止各界連絡会は8月24日、横浜市の伊勢佐木モールで署名宣伝行動をおこないました。
    8月17日に発表された国内総生産(GDP)速報値は、リーマンショックを超えて過去最大の落ち込みになってことなどを伝えると、通る人たちが次々と足を止め58人の署名が寄せられました。

  • 国保出前学習で減免進めよう! 横浜西部民商婦人部

    8月の神婦協常任理事会では、新型コロナウィルス感染症による収入減少などの減免制度申請について学習討議しました。横浜西部民商婦人部の潮田きみ部長はとても関心を持ち、「勉強してみたいです」と意欲を示し、県婦協三役が訪問して学習しようという事になりました。8月11日の集まりに目黒会長、本間副会長、事務局小林が参加しました。

  • 日本政府は条約批准せよ! 平和の波行動

    広島・長崎に原爆が投下されて75年の夏を迎えました。今年はオンラインで「原水爆禁止2020年世界大会」が開催され、核兵器のない世界を願う人々が日本政府に核兵器禁止条約への参加を求めました。

  • 「商売」「健康」共済制度と地域医療を守ろう! 厚木民商

    厚木民商は8月4日、せいきょうあつぎ診療所と「集団健康診断」について懇談会を開きました。診療所からは旭光一所長ら5人、民商は小川紀佳副会長など3人が参加しました。
    小川副会長は、「新型コロナによって業者も診療所など医療機関も申告な影響を受けている。毎年130人以上が受診するあつぎ診療所での集団検診は高い評価を得ている。コロナに負けず今年も成功させたい」とあいさつしました。

  • 商売・人生を語る「美味しい魚を町のみなさんに」立花 正さん 相模原民商

    まぐろ、鯛、いなだ、鰹、たこ…。今日は何がいいかと迷います。JR横浜線の淵野辺駅から数分、立花正さん、好子さん夫妻の店「魚がし」があります。
    コロナ禍で商売に大きな影響を受けながらも、注意を払いながら営業を続けています。ランチが終わり、夜の開店前の時間に取材に伺うとカウンターで家賃補助の申請書を書く立花さん。

  • ふいごとそろばん 横浜南部民商 仙 豊茂さん

    「富国強兵」「殖産興業」と、明治以降、国は明治政府・官軍出身者を支援しながら上から強権的に発展させてきた日本は戦後も経済構造は変わっていません。「小規模事業振興基本法」は本来的な資本主義に立ち返る考え方を補完するものだと思います・・・

7つのまちがいさがし

民商紹介ムービー

県下民商のホームページ